自分での現金化と業者での現金化の換金率を比較

クレジットカード換金ってどれくらいで現金が手に入るの?
Home » 換金のタイム感 » 自分での現金化と業者での現金化の換金率を比較
換金のタイム感 | 04月28日更新

自分での現金化と業者での現金化の換金率を比較

クレジットカードについているショッピング枠を現金に換金することができるサービスはとても便利に利用することができるものです。
自分自身名義であるクレジットカードを1枚持っていればとても簡単に現金をてに入れることができるからなんですね。
ですがそんなクレジットカードの現金化には専門のクレジットカードの現金化業者に申し込んで依頼する方法と、自分でクレジットカードの現金化を行う方法の2種類があります。
どちらの方法もおすすめの方法ではありますが、注目してほしいのが換金率です。
クレジットカードの現金化を行って現金を手元にどれぐらい得られるのかは換金率によって決まります。

業者に申し込んで行う場合と自分で行う場合ではどちらの方が換金率がいいのか比較してみると、これは一概にいうことができません。
というのもクレジットカードの現金化業者によっても換金率は異なりますし、また自分自身で行う場合でも買取をしてもらうショップや商品によって換金率は異なります。
確実にいえることは業者への申し込みの場合では、申し込みをする業者によってあらかじめ換金率は決まっていて、自分で行う場合は買い取りをしてもらう商品の値段と買取ショップでの買い取り額によって換金率が変わるということです。

確実に高い金額で買い取ってもらえる商品があり、買い取ってくれるお店もあるというのであれば自分自身で行うといいかもしれませんが、そうではない場合にはクレジットカードの現金化業者に依頼したほうが確実にこれだけの換金率で換金することができるという安心があるためおすすめすることができます。

自分自身で行う場合には、クレジットカードの現金化に使用する購入する商品も自分自身で決める必要がありますし、それにまた買取店についても自分自身で見つける必要があるので大変だと思います。
業者への申し込みであればあらかじめ決まっている換金率で、自宅に居ながら手続きのすべてをネットで済ませることができるので交通費などもかかりません。