クレジットカードの換金はいくらくらいになるの?

クレジットカード換金ってどれくらいで現金が手に入るの?
Home » 換金のタイム感 » クレジットカードの換金はいくらくらいになるの?
換金のタイム感 | 04月28日更新

クレジットカードの換金はいくらくらいになるの?

クレジットカードを現金へ換金することができる、クレジットカードの現金化であれば急に現金が必要になったけれど手元に現金がないというような場合でもすぐに手軽に現金を用意することが可能です。
自分自身名義のクレジットカードを1枚持っていればすぐに現金へ換金することができます。
でも気になるのがどれぐらいになるのか、ではないでしょうか。
1枚のクレジットカードでいくらくらいの現金に換金することができるものなのでしょう。

それは用意されているクレジットカードの内容や、また業者によっても異なります。
まずはクレジットカードについているショッピング枠を確認する必要があります。
クレジットカードの現金への換金ということは、ショッピング枠を現金に換金するというものになりますので余裕のあるショッピング枠がなければいけません。
余裕のあるショッピング枠の分だけを現金に換金するということが可能となります。
ですからクレジットカードに付帯しているショッピング枠がいくらあるのかを知らなければいけません。

それからまた換金率によっても異なります。
クレジットカードの現金化は、専門の業者であるクレジットカードの現金化業者に申し込みを行うことで利用することができるサービスですが、クレジットカードの現金化業者によって設けている換金率の制度が異なります。
換金率が高ければ高いほど、手元にもらえる現金の金額が増えるというわけになります。
自分自身でクレジットカードの現金化を行うことができますが、その場合も商品を自分でクレジットカードを使って購入した後に売却する必要がありますが、売却する先の業者の買い取り率によって換金率が異なりますので、少しでも高い価格で買い取ってもらうことができるところを探しましょう。

クレジットカードの現金化業者を利用する場合では、大体80%から90%の換金率となっています。
またあまりにも換金率が良すぎる場合では悪徳業者の可能性も疑うべきですね。