クレジットカードの換金における相場とは

クレジットカード換金ってどれくらいで現金が手に入るの?
Home » 換金のタイム感 » クレジットカードの換金における相場とは
換金のタイム感 | 04月28日更新

クレジットカードの換金における相場とは

クレジットカードを現金に換えることができる、クレジットカードの換金のサービスがあります。
専門のクレジットカードの現金への換金業者がありますので、そういった業者を利用することによって、便利にサービスを受けることができます。
自分自身名義のショッピング枠に余裕のあるクレジットカードを1枚持っていればそれで現金への換金を行うことができます。

日常生活を過ごしていると、どうしても現金が必要になるといったケースが出てくることかと思います。
現金が手元に必要となった場合には、融資を受ける方法などがありますが、キャッシングやカードローンといった融資を受ける方法では、どうしても審査が必要になります。
ですがクレジットカードの換金は審査が不要なのも大きなメリットです。

そんなクレジットカードの現金化についてですが、クレジットカードのショッピング枠を現金に換金する際に、換金率というものがあります。
ショッピング枠の金額そのままそっくり現金に換金することができるというわけではなく、実質的な金利が発生してしまいます。
クレジットカードの利用したショッピング枠から実質的な金利を引いた金額の現金を受け取ることができるというようになっています。
ではこの際の換金率の相場ってどれぐらいなのでしょうか。

換金率は利用するクレジットカードの現金化業者によっても異なりますし、それにまた現金化する金額によっても換金率が異なってくることかと思います。
相場としては一般的に大体、現金化する金額が20万円以下の場合では約80%、100万円以下の場合では90%、100万円以上の場合では95%となっています。
現金化する金額が大きければ大きいほど、実質的な金利負担も軽くなるといった内容となっています。
またキャンペーンなどを行っているクレジットカードの現金化業者もありますので、そういったキャンペーンをうまく利用することによってより高い換金率で現金への換金ができることでしょう。