クレジットカードの換金における手数料とは

クレジットカード換金ってどれくらいで現金が手に入るの?
Home » 換金のタイム感 » クレジットカードの換金における手数料とは
換金のタイム感 | 04月28日更新

クレジットカードの換金における手数料とは

日常生活において、非常に便利に利用することができるクレジットカードはもう欠かせないものとなっているという方も非常に多いのではないでしょうか。
クレジットカードを1枚持っていればとても手軽にショッピングを済ませることができますし、インターネットショッピングの際にも非常に便利に利用することができることでしょう。

ですがほかのクレジットカードの利用方法として、クレジットカードの現金化と呼ばれる方法があります。
クレジットカードの現金化はクレジットカードについてくるショッピング枠を現金に換金するという方法であり、急な出費ができてしまったけれど手元に現金がないというケースで便利に利用することができます。
急な出費にいつでも対応することができるというメリットがありますね。
クレジットカードを1枚作っておけば特に審査を受けることなく手続きを済ませることができます。
キャッシングやカードローンといった融資を受けるサービスの場合は、審査が必要になってきますので、その点を踏まえて考えますと非常に便利にまた手軽に利用できるといえるでしょう。

ですがそんな便利なクレジットカードの現金化では気を付けてほしいポイントがあります。
それが手数料なんです。
クレジットカードについているショッピング枠をそのまま現金に換金することができるというわけではありません。
ショッピング枠をそのまま現金化することができるというものではなく、いくらか手数料がかかってしまうという難点があります。

どれぐらい手数料が必要になってしまうのかというのは、利用するクレジットカードの現金化業者によって異なりますので、一概に手数料がこれぐらいかかるとは言えません。
ですのでまずは手数料がどれぐらいかかるのかを知っておく必要があります。
クレジットカードの現金化における手数料とは実質的な金利となります。
クレジットカードの現金化業者では換金率といった数字で表されるようになっています。