クレジットカード換金ってどれくらいで現金が手に入るの?

クレジットカード換金ってどれくらいで現金が手に入るの?

クレジットカードの換金における金額はどれぐらい

どうしても必要になった現金を用意するための方法として、最近注目を集めている方法があります。
それがクレジットカードの現金への換金という方法となります。
クレジットカードを使って現金に換金することができるという方法で、ご自身名義のクレジットカードが1枚あればとても手軽に利用することができるようになっています。

▼ 目次

換金率について

クレジットカードの現金化を行ってくれる専門の業者がいますので、そういった業者に申し込んで利用するとより便利に利用することができます。
クレジットカードの現金化は非常におすすめです。
でもクレジットカードの現金への換金ですが、どれぐらいの金額が手元に残るものなのでしょうか。

クレジットカードについているショッピング枠を現金に換金することができるというシステムとなっているのですが、どれぐらい手元に現金を手にすることができのかといいますと、利用するクレジットカードの現金化業者によって違うんです。
クレジットカードの現金化業者によって換金率が異なります。
少しでも換金率が高く設定されているクレジットカードの現金化業者を利用したほうが、手元に残る現金を多くすることができるというメリットがあります。

換金率が特に高い業者ですと、業界最大の換金率として98.8%という換金率が挙げられます。
98.8%は非常に高い換金率で大きな数字ですので、安心して利用することができますね。
換金率はやっぱり実質的な金利につながりますので、融資を受けるにしても絶対に金利は低い方がいいと思います。
ですから実質的な金利が少しでも低く済むように換金率の高いクレジットカードの現金化業者を利用するようにしましょう。

換金率の高い現金化業者を探すポイント

換金率の高いクレジットカードの現金化業者は事前に調べておくことで見つけることができます。
また複数のクレジットカードの現金化業者を比較することもおすすめです。
ですが中には非常に高い換金率であったり、甘い謳い文句などを掲げて詐欺のような非常に悪質な行為を働くような悪徳業者もいるので、気を付けたいところでもあります。
あんまりにも条件が良すぎて怪しいと少しでも感じた場合には、実際に自分自身で問い合わせてみたり、それからまた口コミサイトなどに掲載されている口コミ評判を参考にしてみるとよいかもしれませんね。

ですがクレジットカード現金化業者の口コミ評判に関してはあくまでも参考程度にとどめておくということが大切です。
というのもその口コミや評判がサクラである可能性があります。
サクラとは、その業者に属している人間であったり、その業者をわざとよい評判にするためにいいことばかりを並べて書いていることになります。
ですのでサクラに騙されないように、あくまでも参考程度にするということが大切です。
信じすぎてしまうのもよくないんです。

特に大切なポイントとしては、自分自身で問い合わせてみるということが挙げられます。
クレジットカードの現金化業者のウェブサイトにはお問い合わせ先として、電話番号等が掲載されていることかと思います。
ですのでその電話番号あてに電話をして問い合わせてみるようにしましょう。
そうすることによって、わからないことや質問などに答えてもらうことができます。
しっかりと答えられないような業者ですと怪しさがありますし、それからまた悪徳業者はお問い合わせ先を掲載されていないケースが非常に多いです。
会社の住所や電話番号を掲載していなかったり、またデタラメな住所や電話番号を掲載している可能性があります。
ですのでまずは自分自身で問い合わせてみて、本当に信頼することができる業者であるかどうかを確かめるということが大切なこととなるのです。
そして信頼することができる業者の中で換金率を比較して、選ぶようにしましょう。
もちろん換金率は少しでも高い金額の方がよいでしょう。

それからまた大きな金額のクレジットカードの現金化をするのであれば、しっかりとクレジットカードのショッピング枠に余裕を持たせておくということも大切になります。
クレジットカードのショッピング枠に余裕がなければショッピング枠で買い物をすることができません。
クレジットカードの現金化はショッピング枠を使って何らかの商品を購入し、その商品を買い取ってもらうことで現金を作るというものになりますから、必ずショッピング枠にその商品を購入する金額だけの余裕がある必要があるのです。

キャッシング枠に余裕を持たせておきましょう

またショッピング枠だけでなくキャッシング枠にも余裕を持たせておくことが必要です。
通常では、ショッピング枠に余裕があれば現金化は行うことはできますが、クレジットカードの現金化目的での利用はクレジットカードの発行元会社から禁止されています。
キャッシング枠に余裕がないのに、高額なショッピングをクレジットカードで行えば怪しまれてしまい、現金化目的での利用であるということがばれてクレジットカード自体を利用停止処分にされてしまう恐れがあります。